スポンサードリンク
二の腕やせ加速 ボニック

2008年11月22日

二の腕トレーニングの仕方(有酸素運動と無酸素運動)のお話!〜前編

二の腕を細くしていくにあたって、どういうダイエット運動の内容に
していったら良いか考えて行きましょう。
有酸素運動と無酸素運動どのくらいの割合にしたら良いのでしょうか?


私は、全体的に太ももやお腹のお肉を減らしていきたいなら
有酸素運動:無酸素運動=8:2が良いと思っています。


二の腕を狙って絞って行きたいと思っている場合は
有酸素運動:無酸素運動=6:4が良いと思います。
8:2ですとバランス良く全身の脂肪が落ちていきます。
二の腕は太ももやお腹に比べると小さな筋肉です。
ハアハアして全身に刺激を与えることも大事ですが
ハアハア有酸素運動をしつつ
二の腕の筋肉を鍛えて、筋肉を付けることが大事です。
二の腕の筋肉に二の腕の脂肪・カロリーを使わせる方法が良いです。


人間、トレーニングできる時間は限られていますから
二の腕を狙って運動していくのが良いと思います。


そのトレーニングの仕方ですが、
1.重い負荷で回数少なくやると、ボディビルダーのような筋肉になります。
2.軽い負荷で回数多く行うと、遅筋が鍛えられます。
このサイトは、二の腕を細くしたい方用なので
2.の方法に焦点を当てていきます。


筋肉のお話をしておきます。
筋肉には、ざっと分けて2種類あります。
遅筋(赤筋)と速筋(白筋)に分けられます。。
遅筋は持続力の筋肉、速筋は瞬発力の筋肉です。


遅筋はマグロの筋肉に例えられます。
マグロは広い太平洋を泳ぎます。
すなわち、持久力が必要であり、酸素が沢山必要です。
その結果、赤血球がどうしても多くなります。
だから赤い筋肉なんです。

posted by タンマン at 13:07| Comment(0) | トレーニング方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。