スポンサードリンク
二の腕やせ加速 ボニック

2009年09月08日

バストアップと二の腕ダイエット

バストアップと二の腕ダイエットの関係…。よく聞かれました。
ちょっとしたダイエット運動が必要になるので、その運動を何人かの
患者さんに教えたことがあります。


その中で2人、特に頑張った方がいらして、
いつものブラがきつくなったと報告してくださった方がいました。
私はまじまじ見たわけではないので、
どのくらい大きくなったのかは分かりませんが、
その後も続いて私の施術を受けていたので
効果は本当だったと思います。



簡単に言いますと、胸の筋肉(大胸筋、小胸筋)、神経を意識して
ダイエット運動するのです。漫然と回数をこなすのではなく、
神経、筋肉を意識することが大事なのです。


その時、私がその方たちにしたアドバイスは正しかったと私は思っています。
なぜなら、あのイチロー選手も練習前の
ストレッチが既に練習であり、そのストレッチの段階で自分の
体に、筋肉に調子はどうか、故障しそうな気配はないか
問いかけている、確認していると言うのです。
私も前々から神経や筋肉は自分で使えるようにするもの
(例えば、反復練習。イメージトレーニング)、
生き物だと思ってきました。イチロー選手のやり方と同じ部分があることが確認できました。



さて、その胸を大きくする言うか、ダイエットと言うか、そのやり方は…
バストアップ
No8小胸筋の存在を意識します。その上に大胸筋が乗っていると
思って良いです。小胸筋と大胸筋を別々に使うことは
不可能ですが、意識すればOKです。
胸のトレーニングは腕立て伏せやバーベル上げを思い出しますが
肩関節の運動をすると小胸筋と大胸筋が収縮するのです。
小胸筋、大胸筋が引き上がります。
その大胸筋の上に脂肪、バストが乗っているわけですから
土台である胸の筋肉を引き上げることの大事さが分かると思います。



二の腕ダイエット運動も肩関節を曲げたり回したりすることが
多いですから、バストアップと関連付くわけです。



因みに、大胸筋はNo8です。表面にあることが分かります。
バストアップ

更に、肋骨の上には沢山の神経が走っています。
バストアップ
脳の命令は神経を伝って筋肉に届きますから、
この神経を意識するとより効果が上がります。
できたら神経を意識した方が良いです。
できなければ、神経までは意識しないで小胸筋と大胸筋を意識すれば良いです。


あ、胸のダイエット運動は鍛える訳ではありません。
ちょっと使う、刺激を与える、使っていることを意識するくらいでOKです。



前述の女性の方々は、胸の筋肉の運動をしてもらったので
小胸筋、大胸筋がついたものと私は思います。
バストの厚みが出ればブラがきつくなります。
健康的に、胸が大きくなったと感じられます。



その女性の患者さんと二の腕の話はしなかったのですが、
二の腕も細くなっていると思います。胸の筋肉の運動をすれば
二の腕にも影響するはずですから。



ここまでがダイエット運動でできる範囲です。



一方、女性の方が一番求めるのはバストそのものが大きくなぁれと
思っていると思いますが、これは女性ホルモンの役割です。
胸が大きい人がみんな運動をしたかというとそんなことはありません。
自然に大きくなった、いわば「個人差」、ホルモンです。


バストアップに効果の高いホルモンとして、
・ エストロゲン
・ プロゲステロン
・ プロラクティン
・ 成長ホルモン
この4つがよく挙げられます。
ホルモンにはハーブを使うとホルモンが活性化すると言われています。
ダイエット運動と合わせて、使ってみると良いです。


ちょっと面倒かもしれませんが、まずは胸筋運動から始めてみましょう。
posted by タンマン at 18:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!

吉野さゆりで〜す。

ブログ、拝見しました (´ー`*)。・:*:・

せっかくですからコメント残させて頂きます。

(〃⌒―⌒)/どもっ♪

今後とも宜しくお願いします!

応援してます♪
Posted by 吉野さゆり at 2010年09月28日 02:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。